2007年09月12日

「買い」だけで勝てますか??

正確なデータは知りませんが、
FX個人投資家のかなりの割合の方が、

−「買い専門」−

だそうで、、

つまり、「売り」のポジションから入る人は
極端に少ないそうです。


その大きな理由は、
「スワップを毎日支払う」
ことに抵抗があるから、、だそうです。


「買い専門」−

これまでのように、円安がずっと続いてた時代は、
それでも良かったと思います。

為替差益とスワップで、
ダブルで稼げましたから。


でも、、

ここ最近の円高局面では「買い専」の人は、
大きくやられたか、静観するしか、
手はありませんでした。


その一方で、「売り」もやる”両刀使い”の人は、
この円高局面でも、しっかりと利益を得ています。


ずっと円安が続いていた今までは、
「買い専」でもよかったんです。


でも、、

今回のサブプライム問題を契機として、
これまでの円安基調は変化を見せ始めています。

流れが大きく変わったと見る識者も、多いです。



これからは、これまで「買い」一辺倒だった人も、

「売り」

から入ることを積極的に考えないと、
難しいのではないかと思います。


「買い」からも「売り」からもエントリーできれば、
投資の幅は格段に広がります。





「…でも、毎日スワップを支払うのは、
 いやだな〜」( ̄_ ̄|||)


そう思われるかもしれませんね。^^;


でも、「買い」から入ってコツコツと
貯めたスワップは、今回の円高で
どうなったでしょうか?

一瞬で吹き飛ばされましたよね。


「売り」から入るってことは、
その逆なんです。


つまり、、

毎日少しずつスワップは支払いますが、
それとは比較にならないほど大きな差益を
得られるんです。

為替差益の威力はそれほど大きいんです。



(ポジションを持つ期間を短期に限定するなら)
支払うスワップにナーバスになりすぎて、
得られるかもしれない大きな為替差益を
みすみす逃すのはナンセンスなように思えます。


これからの相場は、

「売り」

からも積極的に入っていくことが
必要になってくるのではないでしょうか。。
posted by FX税金コンサルタント岡崎 翔 at 00:27| Super FX System | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。