2007年09月15日

あなたはロスカットを意識してますか?

今月に入って、
すでにamazonで本を5冊も購入してます。

それ以外にも、
近所の本屋で何冊か購入していますので、
読んでない本が山積みです。。^^;


******************************************
☆あなたはロスカットを意識してますか?
******************************************

こんな経験はありませんか?


急激に円高が進んだ日。

帰宅後に自分の口座を慌てて見てみる。

「どれくらい損が出てるんだろう?」


…で、自分の口座情報を見ると、「含み損益」が0。


??


そして、ようやく気づく。

「き、強制決済ぃぃぃ〜…」 _| ̄|○ 



ロスカットとは、、

含み損が膨らんで、証券会社が決めた一定のポイント
(ロスカットポイント)に達したときに、

有無を言わさず、
有無を言わさず、

証券会社が(勝手に)反対売買して、
ポジションをなくす(強制決済する)ことを言います。


これはあなたの資金が0にならないように、
証券会社が親切心(?)でやってくれるものです。
(大きなお世話? ^^;)



あなたはポジションを持つときに、

「どれくらいレートが下がれば
 ロスカットになるのか?」

をキチンと意識してますか?


意識してないと、先ほどの例の様に、
パニックに陥ります(笑)。←笑い事ではない。


リスク管理の最大のポイントは、
このロスカットにかからないことです。


あなたの取引会社のロスカット(あるいはマージンコール)の
条件を必ず頭に入れて置いてください。


■ロスカットにかからないように、
 証拠金とレバレッジを常に意識する

■ストップロスを必ず入れておく


こういう『リスク管理』は、
FXをやる上で、一番必要なことです。


でもFX業者サイトの説明、
読んでもわかりづらいです。。( ̄_ ̄|||)



◇【FXで貧乏脱出する完全成功指南書】
  ⇒ http://jahky.com/satoh.html

では、わかりやすくその計算方法の
説明もされてます。


そのほかにも、FXをやる上で、

■知っておいたほうが良い情報
■知っておかないといけない情報

が、これでもかっ!っていうくらい満載です。


ある程度FXをやってる方も、
「気づき」がたくさんあるはずです。



*************
☆編集後記
*************

書店で買う本は、他の人に立ち読みされて、
ヨレヨレになってたり、指紋がついてたりするので、
買う気になりません。

その点、amazonで買うと、きれいな状態で
送ってくるので、嬉しいです♪

ただ気をつけないといけないのは、
1500円未満の本は送料がかかってしまうこと。

何冊かまとめて1500円以上の
注文をした方がイイですね。

あ、それと、ちょっとお得な情報♪

amazonで新刊を買って、読み終えてすぐに
それをamazonで売れば、結構いい値で売れます。

1500円の本が1000円で売れたりするので、
実質500円で読めることになります。

ただ、時間の経過とともに
高い価格では売れなくなりますので、
すぐ読んで、すぐ売ることが必要です。

(僕みたいに山積みしてたら、ダメです ^^;)
posted by FX税金コンサルタント岡崎 翔 at 17:30| FX成功指南書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。