2007年12月02日

「損切り」ラインをどこに入れるか。。

映画「ミッドナイトイーグル」を観に、
名古屋駅前の映画館「ミッドランドスクエア」に
行ってきました。

仕事帰りに行ったので、見終わったら、
夜11時を過ぎてました。

「ミッドナイトイーグル」を
「ミッドランドスクエア」で
「ミッドナイト」に観てきました。(笑)


気になる感想は、、編集後記で!



*********************
☆厳選!無料レポート
*********************

「損切り」の必要性は、
これまで何度も耳にしているかと思います。

その重要性も承知のことと思います。


難しいのは、
「どこで」損切りをするかということです。


一般的には、

「○円○○銭下がったら、損切り」

のような設定を、
自分で設けている人が多いと思います。


でも、、

損切りラインは、そのときそのときの
相場の波に適応させて変える必要があります。


どういうことかというと、、

相場があまり動かない−いわゆる「なぎ」状態−のときには
適切なはずだった損切り設定。

でも、

現在の相場のように「大きく荒れる時」には、
頻繁に損切りにひっかかってしまい、


 小さな損失+小さな損失+ … +小さな損失

 =大損!


…。( ̄_ ̄|||)



損切りラインは、そのときの相場の状態に応じて
柔軟に設定すべきです。


 「そうは言っても、どうやって…」


ぜひ、このレポートを参考にしてみてください。


◇無料レポート
 『必見!FX運用で必須の損切りポイントの攻略法』

  ⇒ http://mailzou.com/get.php?R=5160&M=11174



*************
☆編集後記
*************

映画「ミッドナイトイーグル」。

泣きました。

僕は、ああいう展開に弱いです。


洋画では、
「アルマゲドン」
「ディープインパクト」。

邦画では、
「日本沈没」。

この系統の映画は、僕の涙腺を破壊します(笑)。


途中で鼻水だか涙だか、
わからない状態になりました。

ただ、僕は人一倍、涙もろいので、
ひょっとしたら参考にならにかもしれません。

(まわりを見まわしても、
 僕だけが号泣してたみたいだし。。^^;)


泣けるかどうかはともかくとして、
イイ映画だと思いますヨ。
posted by FX税金コンサルタント岡崎 翔 at 17:03| 無料レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。